アフターピルは副作用が減ってきた

ココロにもカラダにも少ない副作用

アフターピルは緊急避妊薬だけにカラダへの負担も大きいと言えるでしょう。ですが望まない妊娠で中絶をするよりもココロやカラダへの負担は少ないと言えます。
副作用がおこる原因はアフターピルに含まれている成分でホルモンバランスを乱してしまうからです。
また、アフターピルの副作用は服用から2時間~3時間で出はじめる女性が多いようです。副作用が続くのはだいたい24時間くらいでほぼ一日は副作用が出るということです。
アフターピルの成分は2日間程度で体内から抜けると言われているので今後のカラダに影響することはまずありません。

アフターピルにはこんな副作用がある

アフターピルの副作用は生理のときのような症状に似ています。

吐き気・嘔吐

もっとも多い副作用としてあげられるのがこの吐き気・嘔吐です。この症状はやはりどのピルの副作用にもあるでしょう。市販の吐き気止めを服用してもアフターピルの効果に影響はないので併用しても大丈夫なようです。

頭痛・めまい

アフターピルの成分は女性ホルモンであるプロゲステロンというホルモンで、アフターピルを服用すると正常だったホルンバランスが乱れカラダが拒否反応を引き起こしてしまう場合があるため頭痛がおこります。ですが、頭痛薬もアフターピルと併用できるのでご安心を。

胸の張り

アフターピルは市販の頭痛薬と併用もできる
たまに見られる症状です。アフターピルの成分であるプロゲステロンは女性ホルモンの一種で女性の胸の発達にかかせないホルモンなので胸が張る症状が出たりします。

むくみ・腹痛

アフターピルの成分であるプロゲステロンは妊娠をしたときに大量に分泌されるホルモンなのでカラダが「妊娠をした」という感覚になっている場合があります。そのせいで妊婦によくある「むくみ」や妊娠初期の「下腹部の痛み」が出たりしてしまうのです。

副作用が出にくいアフターピル

どのアフターピルにも副作用があると言えますが、今のアフターピルは昔にくらべるとだいぶ副作用が減りました。特に「アイピル」は副作用が少ないと人気のアフターピルです。避妊に失敗してしまった場合使ってみてはいかがでしょうか。