種類が違っている

いろいろある心理カウンセラーの種類

心理カウンセラーは悩みを抱えている人の相談を受ける専門家です。悩みを聞いて適切なアドバイスを送り、心の負担を軽くしてあげるのが仕事です。心理カウンセラーになるには資格が必要になります。そして資格を取得するには学校に行く必要があります。 心理カウンセラーになるには、まずどんな心理カウンセラーになりたいのかはっきりさせてから学校に行くのが普通です。産業カウンセラー、スクールカウンセラー、認定心理カウンセラー、ひきこもり支援相談士など、心理カウンセラーにも様々な種類があるからです。例えばスクールカウンセラーになるには大学で心理学を学ぶ必要があります。大学以外では心理学などの専門学校で取得できる資格もあります。

通信教育で取れる資格

心理カウンセラーになるには資格が必要ですが、通信教育講座を使って在宅で勉強して取得できる資格もあります。通信教育講座で取得できる心理カウンセラーの資格には、「メンタルケア心理士」や「メンタル心理士」や「ケアストレスカウンセラー」などがあります。独立開業を支援してくれる通信教育講座もあります。 通信で心理カウンセラーになるには4万円〜12万円ほどの受講料が必要です。心理カウンセラーの資格を取れば、就職や独立開業に行かせるのはもちろんですが、普段の私生活でも資格取得で身に着けた知識が身につきます。家族との関係、友達との関係、子供との関係など、周囲の人間関係の悩みのに対しての有効な対処法が見つかります。仕事にもプライベートにも役立つ資格です。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright (C) 2015 心理カウンセラーになるには知っておきたい多様な知識 All Rights Reserved.