方法論を考える

心理カウンセラーになるにはどうすればいいのか

ストレスの多い今の世の中で、心理カウンセラーはとても重要な職業です。心理カウンセラーになるには、心理学について学び資格を得る必要があります。ここで少し知識を持って工夫するだけで、自分の志すカウンセラーを目指すことができます。カウンセラーといっても、学校で働くスクールカウンセラーや職場で働く産業カウンセラー、ひきこもりを専門にするひきこもり支援相談士など、様々な種類があります。こうした心理カウンセラーになるにはいずれも大学の心理学部や専門学校で心理学を学び、資格を取得するのが近道です。もちろん資格を得ずともカウンセラーを名乗ることはできますが、それではなかなか仕事がないのが現状です。学校で働くには臨床心理士の資格を持っていないといけないなどいくつか縛りはありますが、逆に考えれば自分の目指す心理カウンセラーになるにはどの資格が必要なのかをあらかじめ考えたうえで学ぶ場所を決めることで、より実践に近い効果的な教育を受けることができるのです。

カウンセラーになるためにどこで学ぶか

それでは、実際にどのような形で学ぶのがいいのでしょうか。まず古典的なのは大学や大学院で心理学を専攻することです。これで得られるメリットは何と言ってもここでしか得られない臨床心理士の資格が取れることです。しかし、費用はまちまちでかなり負担が大きいことも事実です。そこで最近トレンドとなっているのが、専門学校や通信教育です。専門学校では、その学校にもよりますが、精神保健福祉士といった精神科で働くことができるような重要な資格を取ることができます。実学に重点を置いているため通う期間も短くなるうえ、そのぶん費用も抑えられます。ウェブサイトにも多く情報が載っているので、見てみると役に立つでしょう。通信教育は、様々な資格に特化した教育を受けられることが特徴です。かかる費用もおよそ4万円から60万円までと幅がありますが、大切なのは役立つ資格を取れること、そして実際に活動を始めたときに使える知識を得られることです。心理カウンセラーになるには様々な道があります。重要なのは、自分の意志を最大限果たせる道を選ぶことだと言えるでしょう。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright (C) 2015 心理カウンセラーになるには知っておきたい多様な知識 All Rights Reserved.